The Art of Life.

こんにちは。

英会話+YOGAのMikiです。

今日は爽やかなお天気だったので、

お昼ごはんはベランダで食べました。

日光浴はコロちゃん対策にもオススメです。

さて、今日はヨーガのお話をしますね。

5000年はあるといわれる長いヨーガの歴史の中で、

今のように気軽に外国人でも、世界のどこにいても

ヨーガが気軽に習えるようになって

実はまだ100年も経っていません。

ヨーガは宗教ではないけれど

出家したお釈迦さまが菩提樹の樹の下で

悟りを開かれるまでの数年間

山にこもって実際にどんな修行をされていたのか

どこにもはっきりとは書かれていないけど

それは厳しいヨーガの修行であったといわれています。

密教的な要素も強かったヨーガは

本来なら出家をして修行するものでした。

そして、出家さえすれば

すぐに教えてもらえるというものでもなく

まずは先輩方の身の回りのお世話をするような

下働きからはじまります。

今でもアシュラム(宿坊)に滞在すると

掃除や食事の支度など

自分たちでするところがあるのはそのためで、

これをカルマヨーガとよんだりします。

日本の職人も昔はそうだったように、

何かの技術を習うためには、

まず人としてきちんと生活できることが基本。

基本ができていない者に、

何かを作るというような特別な技術も

ヨーガという智慧を得るにも

その資格がないとされたわけです。

特にヨーガ行者というのは

インド社会では非常に尊敬される立場で、

働かなくてもお布施で食べていけるので

そうした扱いをされても

驕り高ぶらない人間性を養うことは

とても大事だったのだろうと思われます。

先輩方や師匠の洗濯物を洗い、

トイレ掃除をし、お食事を作るということを

みっちりさせて

将来偉い立場になって

周りの人から奉仕されるようになっても、

してもらってあたり前と思わずに

慕ってもらえることに感謝できるように

住み込みの生活の中で教え込んだのです。

ましてや、こうしたことに不満を抱いたり

逃げ出すようでは真理を知る資格などないと

見做されました。

今わたし達はお金さえ払えば

自分のほしいものはなんでも簡単に手に入ると思っています。

日本には「お客さまは神様です」という

言葉もあるくらいです。

しかし、その商品なりサービスなり知識なりを

幾ばくかのお金を支払ったからといって

与えられる資格が本当にその人にあるのでしょうか?

わたし達は本当にその価値に見合った金額を

払えているのでしょうか?

あなたからはお金なんていらない、

売りたくないと言われたらどうすればいいでしょう?

今、コロちゃんの影響で物流も止まっています。

国内は動いていても

海外からは入りにくくなってきています。

食糧自給率の低い日本でこのような状況が続けば

いくらお金を払っても

食べるものが手に入らなくなるかもしれません。

お金なんていらない。

日本には売りたくないと言われたら

わたし達はどうすればいいでしょう?【中古】 ヨーガの哲学 パタンジャリの古典『ヨーガ・スートラ』200の格言をポーズごとに解明 /ミラメータ(著者),木村慧心(その他) 【中古】afb楽天市場2,695円

ヨーガはThe Art of Life(生き方の技術)ともいわれます。

けっして巷のヨーガスタジオでしているアーサナだけが

ヨーガではありません。

次回からは、ヨーガの生活上の規則である

禁戒と勧戒のお話をしていきますね。

#英会話 #YOGA #カルマヨーガ #速読 #自己啓発